移動手段で終わらせない快適なカーライフ

タイヤ選びの掟がある|厳選するなら種類と特徴を知るべし

値下げする方法

作業者

タイヤ交換の値段を下げたい場合は、本体価格をまずは抑えるようにしましょう。色んなショップやサイトで低料金の種類を探すのです。また、他にはディーラーなどで購入をしてそのまま交換をしてもらう方法も、工賃が安くなります。

読んでみよう

夏用の種類

車

長期間使用しており、よく目にするタイヤは夏用です。春~秋にかけて使用できます。深い溝があり、雨の日でも安全にドライブすることができるのです。そんな夏用タイヤですが、その中にエコタイプも出てきました。転がりがよく燃費が良いとされています。しかし、急発車や急停車をするとタイヤに負担を与えてしまいますから、いくらエコタイヤだからと言ってそういう運転は止めましょう。アクセルをゆっくりとふかすことで、長期間使うことができます。タイヤの燃費が良くなるガソリンの使用量も減るとされていますから、タイヤ選びは重要です。
また、他にはランフラットタイヤという種類もあります。バーストしてしまうと通常は運転できないのですが、ランフラットタイヤの場合は、ある程度の速度を出して数距離は走行可能なのです。もちろん空気が抜けているに変わりはありませんが、ランフラットタイヤ特有の構造のおかげで、走行することができるのです。しかし、バーストしてしまった場合は早急にスペアを取り付けるように心がけてください。タイヤ選びの掟があるのです。

色々な種類がありますから、ご自身の車に合ったタイプを選びましょう。環境や省エネのことを考えているのならエコタイプ、もしものときのことを考えるのならランフラットタイヤが最適です。快適な運転をするために必要ですから、値段が安いという理由だけで選ぶのは止めましょう。機能性を重視することも重要です。ですが、やはり値段も気になるという場合は、中古サイトを利用して購入してみてください。

2つの種類

ホイール

ホイールにはスチールとアルミタイプの2種類あるので、双方の違いを知った上で選んでください。互いにメリットとデメリットがあるため、なにを重視するかを1番に考えるようにしましょう。

読んでみよう

交換のタイミング

作業員

スリップサインがあったり、ヒビが入っていたりすると運転中に大きな事故を招いてしまう場合もあります。安全運転を心がけるためにもしっかりとタイヤ交換の時期を確認しておきましょう。

読んでみよう