交換のタイミング|タイヤ選びの掟がある|厳選するなら種類と特徴を知るべし
男性

タイヤ選びの掟がある|厳選するなら種類と特徴を知るべし

交換のタイミング

作業員

タイヤ交換をするタイミングは2つあります。まず1つ目はスリップサインです。タイヤの溝が減ってきている場合は、交換の時期なのです。溝が減るとスリップしやすくなるため、とくに雨の日はブレーキをしてもすぐに停車できないのです。ちょっとでもブレーキを行なうタイミングが遅れると、前方の車両に追突してしまう可能性があります。溝が1.6ミリ以下になっていると車検が通りませんから、その場合はすぐにでもタイヤ交換をした方が良いでしょう。しかし、1.6ミリの場合はギリギリなのでできれば2~3ミリくらいで交換をした方が安全です。ご自身でスリップサイン計れない場合は、ガソリンスタンドで計ってもらってください。

2つ目のタイヤ交換のサインは、ヒビです。ヒビは基本的に経年劣化によって現れます。長期間同じタイヤを使っている場合はヒビが起こりやすいでしょう。紫外線や道路の熱、空気圧不足など様々な原因でヒビは発生します。あまり車に乗っていないから、タイヤに負担を与えていないと安心している人がいますが、それでもヒビは発生します。タイヤにはヒビ割れを防ぐための油分が含まれており、その油分は徐々に抜けてしまうからです。ですから、乗っていなくてもヒビはできるのです。

このように色んな理由がありますから、ご自身の車のタイヤが該当しないか定期的にチェックしましょう。ガソリンスタンドで空気圧を入れるとききにスリップサインやヒビ割れを見たりしてください。また、使用年数なども見ておきましょう。そうすれば、良きタイミングでタイヤ交換ができます。